換気システムって何?

換気システムって何?

群馬にある弊社では、1年を通して快適な空間を作り出す「全館24時間換気冷暖房システム エアフル」をご提供しています。
外気を室内に取り込み空気の入れ替えを行うのが「換気」ですが、「換気システム」とは一体どういうものなのか、こちらで簡単にご紹介いたします。

換気システムとは?

換気システムとは、換気機器を使用して、窓を開けることなく強制的に空気の入れ替えを行うシステムのことです。
シックハウス症候群を防止するために、建築基準法によって平成15年(2003年)以降に建てられた住宅には、必ず設置するよう義務付けられています。

換気システムの種類

換気システムの換気形式には、大きく分けて「第1種換気」「第2種換気」「第3種換気」の3種類があります。それぞれの給気・排気の特徴について見ていきましょう。

第1種換気

給気・排気どちらもファンで換気するシステムです。室内と屋外の温度差を小さくできる熱交換システムがついたものや、全館空調システムなどがあり、空気の流れをコントロールしやすいのが特徴です。集合住宅や戸建て住宅など、住宅の種類に関わらず気密性の高い建物の換気に適していますが、給気・排気共に機械を使うため、他の換気法に比べるとややランニングコストが掛かります。

第2種換気

給気はファン、排気は排気口から自然に行う換気システムです。機械を使って外の空気を強制的に取り組むため、外の温度や湿度の影響を受けやすく、国内の一般住宅ではほとんど使われていません。ただ、ドアの開け閉めをしても他の部屋から空気が入り込まないという利点により、病院の手術室や無菌室など、空気を特に綺麗に保つ必要がある場所に用いられています。

第3種換気

第2種換気の逆で、給気は吸気口、排気はファンから行う換気システムです。外の温度や湿度が室内に影響しにくく、高気密住宅では低コストで計画換気が可能なため、多くの住宅で採用されています。新鮮な空気が必要な寝室やリビングに給気口を設けて、トイレやキッチンなどの汚れた空気が集まりやすいところに排気ファンを設置するのが一般的です。

「人」「環境」「家計」にも優しいエアフルシステム

群馬県の工場で開発したエアフルは、24時間フル稼働で室内を春・夏のような温湿度環境にしてくれる全館空調システムです。24時間稼働し続けるというと、電気料金が気になるところです。しかし、冷房や暖房はつけたり消したりするよりも、一定の設定温度でつけっ放しにしていた方が電気代を抑えることができます。つまり、エアフルは「人」「環境」「家計」にも優しいシステムといえます。ぜひ全館空調システムを設置して、安心で快適な住宅でお過ごしください。