バリアフリーの全館フルタイム換気&冷暖房システム 高断熱・高気密住宅に全館24時間換気&冷暖房システム

今の住宅って換気不足?

今の住宅って換気不足?

高気密化が進んだ現在の住宅ですが、実はそのせいで換気不足であることはご存知でしょうか?こちらでは、換気不足がもたらす影響と、それを解消するためにできることは何か見ていきたいと思います。

換気が十分だった昔の住宅

換気が十分だった昔の住宅

昔の日本家屋は木材や天然素材を使用して建てられていたため、「呼吸をしていた」と言われるほど、わざわざ窓を開けなくても自然に換気ができていました。建具の隙間から新鮮な外気を豊富に取り込み、冬は炬燵などの局所暖房を使用しながら寒さをしのいでいたのです。

しかし、現在の家はどうでしょうか。隙間風や虫などの侵入を防ぐために、屋根や壁には断熱材を入れ、窓はペアガラスにするなど、使用材料や工法の改良によって機密性が高くなっており、もはや自然に換気ができる家とは呼べなくなっています。

換気不足になる原因とは?

換気不足になる原因には様々な理由が考えられますが、有害因子を含む空気の汚染や、冷房・暖房器具(エアコン)の普及などによって、部屋を長時間閉め切った状態にすることが一つの原因として挙げられます。また、セキュリティの強化やプライバシーの尊重、そして冷暖房の効果を上げるため高気密化が進んでいることも大きな原因と言えます。

換気不足が引き起こす身体への影響

換気不足が引き起こす身体への影響

換気不足になると、私たちの身体にはどのような影響があるのでしょうか。

人は呼吸をしているだけで二酸化炭素を排出します。
換気不足によって室内の二酸化炭素濃度が上昇すると、集中力や意思決定力が低下したり、頭痛や息苦しさを感じたりすることがあります。

また、外気を取り込まないことで室内の温湿度が上がり、ハウスダストが繁殖してアレルギーを引き起こす原因にもなります。換気不足はシックハウス症候群だけではなく、私たちの身体に様々な悪影響を与える危険性があるのです。

換気不足を解消するために!

窓を開ける

換気不足を早急に解消する方法は、窓を開けて外気を取り込むことです。外気の汚染が心配という方は、短時間でも良いので定期的に窓を開けて部屋の空気を入れ替えた後、窓を閉めて空気清浄機などを使うと良いでしょう。

換気扇・ダクトの清掃

換気扇やダクトなどが汚れていては、効率よく換気がされないだけではなく、換気機器についているカビやアレルギー物質が室内に入り込んできてしまいます。
換気不足解消のためだけではなく、健康のためにも定期的な換気扇・ダクト清掃をおすすめします。

換気システム・全館空調の活用

住宅立地や生活スタイルなどで、どうしても定期的な換気が難しい方もいらっしゃることでしょう。そのような方は、換気システムや全館空調を活用することで、換気不足を解消できます。自然に空気の入れ替えを行ってくれるだけではなく、温湿度を保って結露を起こしにくくする働きもあるので、定期的な換気が難しい方はぜひご検討ください。

群馬県にある弊社では、高気密・高断熱住宅に「全館24時間換気冷暖房システム エアフル」の導入をおすすめしています。特にご高齢の方やアレルギー体質の方がいらっしゃるご家庭には、ヒートショックやハウスダスト対策としても最適です。全館空調をお考えなら、ぜひ群馬県にある弊社にお任せください。

株式会社ダックス TEL 0274-40-2909 受付時間9:00〜18:00

PAGETOP
Copyright © 株式会社ダックス All Rights Reserved.